Top

UI 設計

体験価値を最大化し、ビジネスメリットも生み出す UI

ユーザビリティの良さは当たり前。提供価値を最大化する UI を設計

UI(ユーザーインターフェース)とは、意匠や使い勝手の良さではありません。
UIは、UX を通して届けたい価値を提供する媒体であり、装置です。
PIVOTでは、UXが提供する体験価値を最大化するUIを設計します。

優れた UI 設計のためには、正しい UX デザインとユーザー理解が必要です。
PIVOT では まずお客様にヒアリングし、本当にやりたいこと、提供したい価値を言語化・可視化します。
そして、ユーザー行動を調査し、UX を捉え直した上で、最適な UI を設計します。

たとえば、改修を担当したアプリ「寝たまんまヨガ」(株式会社ヨギー様運用)では、アプリの初回起動と2回目以降の起動で、UX が異なる点に着目しました。
それぞれの UX に最適な、画面・導線設計を提案しています 。
あわせて、旧アプリのリブートであることにも考慮し、ヘビーユーザーの心情にそった UI を設計しました。

また、業務の効率化を目的としたウェブアプリには、マニュアルなしでも操作できる UI の要素が必要です。
業務の担当者や関係者へ丁寧にヒアリングを行い、業務整理をした上で、「効率化により、どんなメリットを体験してもらうか?」を考えたUIを設計していきます。

システム実装を考えた、現実的なUIをデザインする

PIVOT の UI は、システム実装を含めて設計します。
UI に盛り込まれたユーザビリティの高い操作性や機能は、実際に実装されてこそ、形になるものです。
しかし、複雑な開発は必要ありません。お客様が要望する、期間や費用、そしてサービスに適した技術とのバランスを見て、システム実装を行います。
実現性のある UI を設計できるのは、ディレクターとデザイナー、そしてシステム開発者がひとつのプロジェクトチームで取り組む、PIVOTの強みです。

こんな課題を持つ企業、担当者におすすめです

  • サービスの企画やコンセプトは完成したが、具体的なサービスの形に悩んでいる
  • サービスのリニューアルや改善を考えている
  • 既存サービスの UI で成果が出せず、アドバイスがほしい

UI 設計に関連する実績

お仕事のご相談やお見積もりなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

サービス一覧

お仕事のご相談やお見積もりなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ