Top
  1. Home
  2. サービス
  3. プロトタイピング

プロトタイピング

プロトタイピングからサービスのあるべき姿を確かめる

仮説と検証を重視したプロトタイピング

PIVOTでは、次のようなケースのとき、プロトタイピングをご提案しています。

  • サービスのビジョンを可視化したいとき
  • UX や UI の検証をしたいとき
  • 関係部署や、社外のステークホルダー間で共通の認識を持ちたいとき

サービスの開発プロセスにおいて、プロトタイピングは一般的なものとなりました。
だからこそ、「なぜプロトタイピングが必要か?」を明確にしなければなりません。
たとえば「このUIで、ユーザーは使いやすいだろうか?」と仮説を立て、検証をすることが大切です。

仮説と検証、そしてフィードバックから、サービスを研ぎ澄ませていく。
それが、PIVOT のプロトタイピングです。

プロトタイピングの代表的なアウトプット

PIVOT が提供する、代表的なアプトプットを、ご紹介します。

  • ワイヤーフレーム
    WEBページやアプリの機能や要素を大まかに配置した、設計図のことです。
  • デザインモック(モックアップ)
    おもに、アプリ開発のプロトタイピングに使います。アイコンや色、動的な要素も盛り込み、UXが提供できているか、想定通りのUIになっているかを確認します。
  • プロトタイプ
    ここでは、リリース前の試作モデルを意味します。モニターによるテストや、お客様社内の最終確認用に、作成します。

こんな課題を持つ企業、担当者におすすめです

  • WEBサービスやアプリの制作・開発会社を探している
  • WEBサービスやアプリの制作案件を相談したい
  • 制作サイドとコミュニケーションを取りながら、納得感のあるサービス開発をしたい

プロトタイピングに関連する実績

お仕事のご相談やお見積もりなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

サービス一覧

お仕事のご相談やお見積もりなど、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ